柏市による北花崎第一公園の除染実験

2011年8月12日

8/1に柏市によって北花崎第一公園の除染実験が実施されました。
その様子を@mr_zendaさんに見てきていただきました。
@d_shibaが柏市の職員の方から電話でお聞きした話も含めてレポートします。
なお、全容を柏市から聞いたわけではありませんので、間違い等があればご連絡ください。

■実験概要

場所:北花崎第一公園(右記マップの旗印です。 http://bit.ly/lOyiEl
日付:2011年8月1日
概要:放射線量の特に高い場所(1μsv/h以上)について、表土を5cm削る
   削った土は土嚢に入れて、公園内に穴を掘って埋めてフェンスで囲む
   さらに掘った穴の土を削った場所に被せる

■公園全景

手前から、ブランコ、滑り台、砂場、ジャングルジム、うんていとなっている。
左奥に削った土を埋めてフェンスで囲った所

フェンスからみた公園全景

■除染した場所

わたべ和子市議によると、局所的には1.96μsv/hあったとのこと。
特に線量が高い場所3か所について、表土を5cmけずった模様。削ったところは周囲と土の色が異なり、また、乾燥して地割れのようになっている。
ブランコ

滑り台の下

うんていの下

■削った土を埋めた場所

工事現場用のフェンス内側(約2m×約1m)には深さ70㎝の穴が掘られ、穴底にはシートが敷かれている。
その穴にブランコ・滑り台・運ていから削り取った表土を土嚢に入れて、その上から掘った土を被せている。

■効果

具体的な効果については、公表されていないが、効果はあったとのこと。一時的に立ち入りが禁止されていたが、解除されている。また、表土を埋めた場所においても、0.64μsv/hから0.214μsv/hに低下しており、埋めたことによる問題が生じていないことがうかがえる。
ただし、今回の除染は局所的なものであり、公園の空間線量率は、0.39μSv/h(8/11測定)で、前回の測定、0.38μSv/h(7/14測定)と差は見られなかった(測定@mr_zendaさん)。

■その他

フェンスには看板が掲げられ、実験の概要が記載されている。

ジャングルジムと砂場は除染している様子はない。砂場については、立ち入り制限もない。
→砂場については他の場所より放射線量が低いため除染しないと電話で話していた

柏市はこの公園以外でも除染を実施しているようであるが、情報公開は行っていない。
市民の安心感、意識を高めるためにも積極的に情報公開してほしいものである。

写真・レポート:@mr_zenda
加筆・編集:@d_shiba

広告

道路の側溝清掃により生じる汚泥処理の適正管理の依頼に対する市の回答

2011年8月5日

先日の道路側溝の掃除で回収してもらった土砂(高濃度の放射性物質含むと思われる)の適正管理を求めるお願いをしたところ、柏市から返答がありましたので掲載します。

要約すると、「汚泥処理は産業廃棄物処理業者に委託しており、委託業者の責任で対応するべきと考えている」というひどく残念な回答です。

ここにあるように、
http://faq.city.kashiwa.lg.jp/EokpControl?&tid=48659&event=FE0006
自分たちでは放射性物質を含んでいるという認識なのですが、外部に処理を委託しているので、「気にしないで回収しますよ、あとは業者にお任せ」というひどく無責任な対応です。

また、処理済みの汚泥は埋め立て用土などに再利用しているとのことですので、せっかく集めた放射性物質が再び拡散される危険性もあります。
今後の対応につきましては現在検討中ですので、また進捗があり次第報告したいと思います。

以下、問い合わせ内容と市の回答です。

■問い合わせ内容

側溝の掃除で生じた土砂の回収についてのお願いです。
柏市は「ホットスポット」とよばれ放射線量が高いことはご存じのことと思います。
そのため、側溝掃除で生じた土砂も、高濃度の放射性物質を含んでいると思われます。
一般的なゴミについては、焼却灰等の適正な管理が実施されていることが報道されておりますが、側溝の土砂についてはこれまでに話題になっておりません。
つきましては、以下のことをご検討ください。

■道路の側溝掃除で生じた土砂につきましては、3月11日の福島第一原子力発電所事故によって放出された放射性物質が、高濃度で含まれていることが想定されるため、下記の通り適正な処理を依頼します。

(1)野田市の処分場で、汚泥に含まれる放射性物質が適切に処理されること。
(2)処理にあたっては、処理場の従業員の被曝を防ぐために十分な措置をとること。
(3)処理場の外部へ放出される排気等がある場合、セシウム等の放射性物質をふくまないこと。

今後、側溝についても、市民による自主的な掃除が増えてくると思います。
早急に対策を施されるようお願い申し上げます。
また、速やかな情報公開もお願い致します。

■柏市からの回答

●回答者
  道路維持管理課
●回答
 側溝汚泥の処分について

 道路サービス事務所が回答いたします。柏市が直営で行っている側溝清掃により排出する汚泥は,貯留層に一時保管し,産業廃棄物運搬処理の許可を持った業者にその処理を委託しています。
 処理方法は,廃棄物運搬業者が野田市にある民間の産業廃棄物中間処理施設に運搬し,中間処理施設で脱水等の適正な処理を行ったうえで,埋め立て用土などに再利用していると聞いております。
 また,この中間処理施設は柏市の側溝汚泥だけではなく,周辺地域の側溝汚泥も同様に処理しています。
 このように側溝汚泥の処理については,産業廃棄物処理業者に委託しておりますので,お問合せの件につきましては委託先業者の責任において適切に対応するべきものと考えておりますが,昨今の情勢を踏まえ今後の国,県の動向を注視していきたいと考えております。


道路の側溝の除染レポート

2011年8月2日

■側溝で金網の蓋の箇所は土砂がたまっていて放射線量がものすごい高い

道路の側溝(金網の蓋とコンクリートの蓋の部分)

・側溝はコンクリートの蓋の箇所と金網の蓋の箇所の2種類あります。

・金網の箇所は土砂がたまる構造になっていますので、
 放射線量がものすごい高い値です。
・測定結果はこんな感じです。
 箇所①地上1m0.32、蓋の上1cm0.54、中の土砂の上1cm2.85
 箇所②地上1m0.30、蓋の上1cm0.68、中の土砂の上1cm3.20
 (単位:μsv、計測器はRD1008)
・側溝の上は、子どもらがよく通ります。
・また、金網の蓋の側溝は、よくのぞき込んだり、棒でつついたりする所ですので、
 早急な対応が必要です。
・金網の蓋は比較的簡単にあく構造になっています。
・また、金網の蓋の箇所は個人でも掃除(除染)ができます。これは市に確認済みです。
・反対にコンクリートの蓋の側溝はある程度遮蔽されていますので、
 そこまで優先度は高くないでしょう。また、コンクリートの蓋を開けることは、
 現段階では難しいです。

■側溝にたまっている土砂を取り除く

金網の蓋を開けたところ

・金網の蓋を開けます。このとき金網のふちに土砂がつまっていることがありますので、
 先の細い堅いモノでほじって土砂をどけるとあけやすいです。

土砂を取り除く前

土砂を取り除いた後

・後は、ひたすら土砂を取り除きます。

・10cmくらい掘ると粘土層にあたったので、今回はそこまでにしました。
・底がコンクリートかなと思っていましたが、そうでもなさそうです。
・取り除いた土砂は土嚢袋7分目くらいの量です
・前後のコンクリートの蓋がある側溝にも土砂が5cmくらいたまっていましたので、
 手が届く範囲でそこも土砂を取り除きました。

■側溝の除染活動による効果は非常に大きい

・実際の効果は下記のとおりです。
・2カ所で計測等ふくめて1人で2時間弱です。
 箇所①
 地上1m0.32、蓋の上1cm0.54、中の土砂の上1cm2.85
 ↓
 地上1m0.29、蓋の上1cm0.31、中の土砂の上1cm0.32

 箇所②
 地上1m0.30、蓋の上1cm0.68、中の土砂の上1cm3.20
 ↓
 地上1m0.25、蓋の上1cm0.32、中の土砂の上1cm0.57

■側溝掃除による土砂は市が回収してくれる

・自宅の庭の除染活動では土砂の処理が問題になりますが、
 側溝掃除によって出た放射性物質含む土砂は市が回収してくれます。
 これは市のウェブサイトにも実は明記されています。
 (電話でも確認しました)
 http://faq.city.kashiwa.lg.jp/EokpControl?&tid=48659&event=FE0006
 http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/120500/index.html
・回収の対象は、個人で掃除したときでもOKです。
・朝9時に引き取りの電話をしたところ、10時半に回収に来ました。

・なお、回収した土砂の処分場は野田市にあるようです。
・放射性物質を含む土砂の適正な管理については、
 ゴミ処理場等の焼却灰とは異なり、これまで話題になっていません。
・なので、市に対して適正な管理を別途申し入れております。

■今後の方針

・とりあえずボクの家の前の道路は、行き止まりになっており、
 子どもらのかっこうの遊び場になっていますので、個人的に行いました。
・あとは通学路にある側溝についても同様に掃除したいと思っています。
・個人でやるのは限界がありますので、何とか町会やPTA等で取り組みたいと思っています。

(文責@d_shiba)